編集グループ〈SURE〉

シリーズ《この人に会いたかった》 第4巻
バーリンという名の思想史家がいた──「ひとりの人」を通して「世の中」へ

商品写真
ゲスト・那須耕介(法哲学者)

「『難民』がバーリンの著述の隠されたキーワードである」と鶴見俊輔さんは述べる。ラトヴィアのリガで生まれ、ロシア革命のなかをイギリスに逃れて『自由論』の著者となった思想史家アイザイア・バーリン。いま、とても重要そうでありながら、正体もつかみにくいこの人物のおもしろさを、俊英の法哲学者、那須耕介さんが追っていきます。──寄稿・鶴見俊輔「バーリンについての読書会」。

2010年3月下旬刊行

定価1,296円(本体1,200円+税)

A5判、およそ120頁。

この書籍は書店での販売をしておりません。
SUREへの直接注文にてお求めください。

ご注文方法

郵便払込用紙に、ご住所、お名前、電話番号、書名、冊数をご記入の上、〔00910-1-93863 編集グループSURE〕あてに、送料215円を加えてお払込みください。わたくしどもより責任をもって、郵送にてお届けいたします。

※送料は一回のご注文につき、書籍、雑貨を問わず何点でも215円です(日本国内、同一の宛先に)。

詳しくは、SUREの本 購入方法をご覧ください。

▲ページの先頭へ