編集グループ〈SURE〉

編集グループ〈SURE〉

「編集グループ〈SURE〉」は「街の律動をとらえる」(Scanning Urban Rhyme Editors)ことをめざして、京都から活動をはじめた集まりです。

詳しくは「SUREについて」をご覧ください。

お知らせ

  • SUREの書籍・雑貨などのご購入に、郵便払込のほか、PayPalなどのクレジット決済もお選びいただけるようにいたしました。
    PayPalなどをご利用の場合、商品の紹介ページの「カートに追加」ボタンをクリックしていただくと、決済ページに移動いたします。ご使用の際に不調がございましたら、ご連絡をいただけますようお願いいたします。


    Twitter始めました。

  • 2017年11月22日からSUREの住所が変わりました。
    電話番号、郵便払込番号などは、今までと変わりません。
     旧住所:〒606-8301 京都市左京区吉田泉殿町47
     新住所:〒612-8073 京都市伏見区下板橋町644ー1下板橋住宅E-105

  • 郵便局でのお振り込みから、お届けまで一週間前後かかります。

  • SUREでは一部の本を除き、取り次ぎを通しておりません。郵便払込にて直接購入をお願いいたします。
    くわしくは購入方法のページをご覧ください。

告知板

Tシャツ

新刊情報

  • 2019年6月上旬刊行

    2019年6月上旬刊行
    お申し込みのご案内

    海老坂武
    『海老坂武のかんたんフランス料理──シングルライフ、84歳のおもてなし』

    自宅に友を招いて、食べながら、語りあおう
    ・老境に入っても料理はできる、若い人にはなおかんたん
    ・計4コースを食材買い出しから。レシピと写真でわかりやすくガイド
    ・サルトルの翻訳、東大野球部時代の思い出など、食卓の話題も盛りだくさん
  • 2019年5月下旬刊行

    2018年5月下旬刊行
    お申し込みのご案内
    津野海太郎
    『本はどのように変わっていくのか』

    表現、流通、メディアの変容……。本のありかたは、どこへ?
    この時代に、私たちは、何を経験しつつあるのだろう?
    それでも、本を読まずにはいられない
  • 2018年11月中旬刊行

    塩沢由典2018年11月中旬刊行 お申し込みのご案内
    経済に「国」はいらない──ジェイン・ジェイコブズを読む

    ニューヨークの街で相次ぐ大規模な都市計画に対し、勇気をふるって「ノー」の声を上げた一人の女性、ジェイン・ジェイコブズ。
    やがて、彼女は……

    ──経済活動の基本単位をなすのは「都市」である。「国」単位で経済をとらえようとするのは、まちがいだ──

     という論考を展開し、近代以後の経済学に、根本的なとらえなおしを迫る。
     そこから生涯で最大の影響を受けた、
    経済学者・塩沢由典による、入魂のジェイン・ジェイコブズ連続講義

    塩沢由典(しおざわ・よしのり)
    経済学者。1943年、長野県生まれ。京都大学大学院理学研究科(数学解析学専攻)修士課程修了、のちに複雑系経済学を提唱。大阪市立大学経済学部教授、中央大学商学部教授を歴任。現在、大阪市立大学名誉教授。
    著書に『近代経済学の反省』(日本経済新聞社)、『市場の秩序学 反均衡から複雑系へ』(筑摩書房)、『マルクスの遺産 アルチュセールから複雑系まで』(藤原書店)、『関西経済論』(晃洋書房)、『今よりマシな日本社会をどう作れるか──経済学者の視野から』(編集グループSURE)、『リカード貿易問題の最終解決』(岩波書店)。
     共編著に『ジェイン・ジェイコブズの世界』(ムック、藤原書店)。ジェイコブズ『発展する地域 衰退する地域』(ちくま学芸文庫)の巻末に解説を寄せている。
  • 2018年10月中旬刊行

    山田慶兒2018年10月中旬刊行 お申し込みのご案内
    わたしはどんな学問をしてきたか

    郷里・筑後平野で少年時代に過ごした神話的な時間
    天文学、西洋史、中国科学史など、諸分野の縦断。
    科学史家・藪内清の下での厳しい修業時代……。

    学問の営みと方法を
    平易かつ率直な言葉づかいで回想する

    この人の独創的な学風は、
    どこから生まれたのか?

    山田慶兒(やまだ・けいじ)
    科学史家。1932年福岡県生まれ。
     京都大学理学部宇宙物理学科卒業、京都大学大学院文学研究科(西洋史学専攻)修士課程修了。同志社大学工学部助教授、京都大学人文科学研究所教授、国際日本文化研究センター教授、龍谷大学客員教授などを歴任。
     おもな著書に『朱子の自然学』、『夜鳴く鳥』、『中国医学はいかにつくられたか』、『中国医学の起源』(以上、岩波書店)、『授時暦の道』(みすず書房)、『黒い言葉の空間』(中央公論社、大佛次郎賞)、『制作する行為としての技術』(朝日新聞社)、『中国の医術を通して見えてきたもの』、『技術からみた人類の歴史』、『海路としての〈尖閣諸島〉』、『ぼくの戦争』(以上、編集グループSURE)、『日本の科学──近代への道しるべ』(藤原書店)など。訳書にガリレオ・ガリレイ『星界の報告』(岩波文庫)、『ルネサンスの工学者たち──レオナルド・ダ・ヴィンチの方法試論』(以文社)、『ダンテは世界をどう描いたか──新訳「神曲地獄篇」と、その解説』(編集グループSURE)など、多数。

既刊情報

▲ページの先頭へ