編集グループ〈SURE〉

鶴見俊輔
『「もうろく帖」後篇』

商品写真

年とれば、おちつくかと思っていたが、
私はなお、こどものように未熟なり。

21世紀の日々、
最晩年の鶴見さんが
考えていたこと。

「もうろく。廃墟から自分を見る方法の出発点。」
「これからは、同行者をなるべくさそわずに、ひとりの旅をつづけたい。」

刊行のごあいさつ

 哲学者の鶴見俊輔さん(1922—2015)は、晩年の日々、『もうろく帖』とみずから名付けた覚え書きをつけておられました。そのノートは、全部で計23冊に及んでいます。
 わたくしども編集グループSUREは、それらのうち最初の1冊(1992〜2000年の記載)を、そのまま、まるごと翻刻して刊行したことがあります(『もうろく帖』、2010年刊行)。しかしながら、これに続いて21世紀に入って書かれた22冊のノートは、未刊行のままでした。

2017年2月上旬刊行

定価2,916円(本体2,700円+税)

文庫サイズ、半上製糸かがり、箔押し、およそ288ページ
定価2916円(本体2700円+税)
発売・発行 編集グループSURE
この書籍は書店での販売をしておりません。
SUREへの直接注文にてお求めください。

 

これらの22冊は、既刊である最初の1冊よりも、薄く小型の帳面を用いて、大半が記されています。鶴見さんによる記述のペースも上がって、内容はより日常的な省察や心覚えの性質を強めていきます。生前、鶴見さんは、ここから自選して、1冊にまとめる計画をお持ちでした。しかし、実現に至らないうちに亡くなりました。  

このたび、わたくしどもはご遺族の協力を得て、残された22冊の記載の大半を新たに翻刻することで、『「もうろく帖」後篇』としてまとめ、ゆかりの読者のみなさまのお目にかけられることになりました。これをもって、晩年の鶴見さんがおよそ20年にわたって記しつづけた「もうろく帖」の全貌が明らかになります。  

前著『もうろく帖』と同様、揃いの美装にてお届けいたします。

 

鶴見俊輔『「もうろく帖」後篇』は、2017年2月上旬刊行の予定です。なにとぞ予約申し込みによるご支援のお願いを申し上げます。  

お申し込みをいただいた方には、本ができあがり次第、最優先で、責任をもって郵送にてお届けいたします。

              

2016年 師走

               

編集グループSURE(代表・北沢街子)

ご注文方法

郵便払込用紙に、ご住所、お名前、電話番号、書名、冊数をご記入の上、〔00910-1-93863 編集グループSURE〕あてに、送料215円を加えてお払込みください。わたくしどもより責任をもって、郵送にてお届けいたします。

※送料は一回のご注文につき、書籍、雑貨を問わず何点でも215円です(日本国内、同一の宛先に)。

詳しくは、SUREの本 購入方法をご覧ください。

▲ページの先頭へ