編集グループ〈SURE〉

鶴見俊輔・小田実対論
手放せない記憶──私が考える場所

商品写真
過去・現在・未来にわたる、終わらない戦争──。それでも、私たちは、自分自身が考える場所を手放さないことから、「国家」に縛られない互いの関係を紡ぎはじめられるのでは?
『手放せない記憶 私が考える場所』は、京都在住の哲学者・鶴見俊輔さんと、大阪育ちの作家・小田実さんによる、30年ぶりの力のこもった対論です。過去、現在、そして未来にわたって、救いのないような戦争が続いています。けれど、それでもわたしたちは、自分自身が考える場所を手放さないことから、このような「国家」のありかたに身を預けてしまわない、お互いの関係を紡ぎだしていけるのでは? そうした問いかけを含みながら、お二人の話は進んでいきます。

2004年11月刊行

定価1,080円(本体1,000円+税)

四六判変型、並製、80ページ
装幀・北沢街子

この書籍は書店での販売をしておりません。
SUREへの直接注文にてお求めください。

本書の目次

  • 『ベ平連』は3分でできた
  • 市民運動をつづけるには
  • しゃべることから始める
  • 大阪大空襲
  • アイ・アム・ジャパン──斬られる側に立つ
  • 武士道と高度経済成長
  • なぜ「進駐軍」だったのか
  • 世界的視野で憲法を考えなおす
  • 「国益」ってなに?
  • 白旗を揚げる権利
  • イラクに、日本の町の給水車を
  • 国家が作った知識人
  • 知恵の力とは
  • 言葉のはじまり、法のはじまり
  • 兵役拒否は「平和憲法」が生んだのではない
  • 哲学はどこからやってくるか?
  • 心変わりの擁護

ご注文方法

郵便払込用紙に、ご住所、お名前、電話番号、書名、冊数をご記入の上、〔00910-1-93863 編集グループSURE〕あてに、送料215円を加えてお払込みください。わたくしどもより責任をもって、郵送にてお届けいたします。

※送料は一回のご注文につき、書籍、雑貨を問わず何点でも215円です(日本国内、同一の宛先に)。

詳しくは、SUREの本 購入方法をご覧ください。

▲ページの先頭へ