編集グループ〈SURE〉

鶴見俊輔
たまたま、この世界に生まれて
──半世紀後の『アメリカ哲学』講義──

商品写真
鶴見俊輔85歳、その根の哲学をさらに深く掘り起こす。
太平洋戦争直前の米国留学のなかで、初めて接したプラグマティズム。
開戦、米国の監獄、そして日本軍の一員としての戦争体験。
敗戦後まもなくの「思想の科学」創刊、最初の著書『アメリカ哲学』(1950年)刊行──
そこから半世紀をつらぬいて、考え、行動し、学びなおされてきた、この人の〈抵抗〉〈多元主義〉〈ひとびとの哲学〉とは?
時間の厚みをとらえて練り あげられた初の講義と、未来へむすぶ50歳年少の市民たちとの寺子屋的問答。
85歳、さらなる冒険へ。

2007年6月中旬刊行

定価2,484円(本体2,300円+税)

四六判並製、288ページ

この書籍は書店での販売をしておりません。
SUREへの直接注文にてお求めください。

刊行のごあいさつ

 京都在住、今年85歳の鶴見俊輔さんの哲学は、子どものときに抱いた問いを手放さず、それに答えつづけようとする姿勢に特色があります。

 また、10代後半のころ、日米開戦直前の米国で学んだプラグマティズムが、鶴見さん自身の問いかた、答えかたの方法に、強い影響をもたらしたことも確かなようです。

 たまたま、この世界に生まれて、なぜ、ここにこうして自分はいるのか──。誰もが最初に抱くこの疑問は、きっと生涯を通して消え去ることはないでしょう。けれど、その問いを日々の暮らしのなかで吟味しながら、世界と自分の対しかたを考え、試し、また出直したり、気づいたり、知恵を寄せあってみたりすることには、ほかにない楽しみも宿っているように思えます。

 最初の著作『アメリカ哲学』から半世紀以上にわたる鶴見さんの思索と行動の軌跡を、このたび、まとまったかたちで、わかりやすく、ご講義いただきました。

 こうした機会は、これまでも、これからも、まことに得がたいことと存じます。

 ぜひ、ゆかりの皆さまにお読みいただき、一人ひとりの読者にとってのさらなる試みの芽につなげたく、ご案内申し上げます。

2007年皐月
編集グループ〈SURE〉(代表・北沢街子)

本書の目次

  • 第一講 哲学はどこから生まれるか
    • 母親の前で、私は悪人だった。けれど、悪人には悪人の自由がある。
  • 第二講 南北戦争後の世界に「形而上学クラブ」は始まった
    • 一九世紀の米国で、戦争の傷あとからプラグマティズムは生まれた。誰もが 使える思考の「ものさし」を共有することで、自分の考えもはっきりさせて、 互いにそれを較べてみることができるだろう。
  • 第三講 行動計画からの多元主義へ
    • ただ一人、立つこと。それが多元主義の始まりだ。
  • 第四講 自分をつらぬき、汲みだす場所
    • 赤ちゃんのなかにも、工夫して生きる知恵があり、科学がある。それぞれの 土地の伝統のなかから、暮らしに育まれた「プラグマティズム」の知恵を汲み だすことができるはずだ。
  • 巻末 著者による注記/人名索引

この本に関する記事

朝日新聞 asahi.com 6/24 記事「鶴見俊輔さん、新著でプラグマティズムを再考」

朝日新聞 asahi.com 12/23 記事 橋爪紳也 書評委員お薦め「2007年の3点」

ご注文方法

郵便払込用紙に、ご住所、お名前、電話番号、書名、冊数をご記入の上、〔00910-1-93863 編集グループSURE〕あてに、送料215円を加えてお払込みください。わたくしどもより責任をもって、郵送にてお届けいたします。

※送料は一回のご注文につき、書籍、雑貨を問わず何点でも215円です(日本国内、同一の宛先に)。

詳しくは、SUREの本 購入方法をご覧ください。

▲ページの先頭へ