編集グループ〈SURE〉

セミナーシリーズ《鶴見俊輔と囲んで》 第3巻
那須耕介(法哲学者)──ある女性の生き方〜茅辺かのうをめぐって

商品写真
1960年代はじめ、街育ちの30代の女性が、たった一人、身寄りもない北海道のはてへと旅立った。そして働きはじめる。海辺の町での海産物加工、農家での住み込み、観光地での店番。彼女がそこで選びなおした「生き方」とは? 戦後まもない日本でアナキズム運動に身を投じ、また、無名の市井のひとりとして自分をつきつめて生きてきた茅辺(かやべ)かのう、80余年の人生。気鋭の法哲学者・那須耕介が、その軌跡を追う。

2006年4月下旬刊行

定価756円(本体700円+税)

A5判、並製、各巻およそ80ページ
装幀・北沢街子

この書籍は書店での販売をしておりません。
SUREへの直接注文にてお求めください。

ご注文方法

郵便払込用紙に、ご住所、お名前、電話番号、書名、冊数をご記入の上、〔00910-1-93863 編集グループSURE〕あてに、送料215円を加えてお払込みください。わたくしどもより責任をもって、郵送にてお届けいたします。

※送料は一回のご注文につき、書籍、雑貨を問わず何点でも215円です(日本国内、同一の宛先に)。

詳しくは、SUREの本 購入方法をご覧ください。

▲ページの先頭へ