編集グループ〈SURE〉

大牧冨士夫
あのころ、ぼくは
革命を信じていた
──敗戦と高度成長のあいだ

商品写真
「世の中は、変わるかもしれない。」
──あのころ、ぼくをつき動かした予感は、なんだったのか。
敗戦時17歳だった青年の視線と、その後の社会がたどった歴史が交差する。

敗戦後、ぼくは仕事を持って大人の世界に入り、労働組合を知り、やがて日本共産党員になった。
見ること、やること、すべて新しく、世界が変わって見えるようだった。政治がぼくのまわりに押し寄せてきて、ぼくをゆさぶり、社会や国家の運命がぼくのそれと重なりひとつになって見えた。
しかし……。

2008年6月中旬刊行

定価1,620円(本体1,500円+税)

四六判変形・144ページ
解説 米田綱路
イラスト・装幀 北沢街子

この書籍は書店での販売をしておりません。
SUREへの直接注文にてお求めください。

ご注文方法

郵便払込用紙に、ご住所、お名前、電話番号、書名、冊数をご記入の上、〔00910-1-93863 編集グループSURE〕あてに、送料215円を加えてお払込みください。わたくしどもより責任をもって、郵送にてお届けいたします。

※送料は一回のご注文につき、書籍、雑貨を問わず何点でも215円です(日本国内、同一の宛先に)。

詳しくは、SUREの本 購入方法をご覧ください。

▲ページの先頭へ