編集グループ〈SURE〉

丸山眞男
自由について──七つの問答──

商品写真
聞き手・鶴見俊輔 北沢恒彦 塩沢由典

20年間の封印を解いて、初公開。この危険な時代だからこそ新しい、故・丸山眞男氏を囲んでの七つの問答。東京、京都で語り尽くした、代表的思想史家による知られざる思索と探究。

解説
鶴見俊輔「丸山眞男おぼえがき」(書き下ろし、25枚)
塩沢由典「丸山さんを囲む会と文体研究会」(書き下ろし、35枚)

2005年7月刊行

定価2,592円(本体2,400円+税)

四六判、並製、272ページ
装幀・北沢街子

この書籍は書店での販売をしておりません。
SUREへの直接注文にてお求めください。

ローザ・ルクセンブルクの有名な言葉で──「自由というのはいつでも、他人と考えを異にする自由である」、ぼくは好きなんだよね、これが。こういう伝統のあるなし、そこなんです。──丸山眞男

本書の目次

  • 日本の政治思想の特質とは、どんなもの?
  • 仏教が日本の思想史にもたらした影響は?
  • 国家に対する〈不服従〉という思想は、日本文化の基層にもありますか?
  • マルクス主義は再生するでしょうか?
  • 政治的な敗北者が残したものをどう評価しますか?
  • 国家権力を介入させないで紛争を解決しようとすることも、自由な社会をめざすには必要ではないですか?
  • 少数者の権利が守られる社会の鍵はどこにあるでしょうか?

ご注文方法

郵便払込用紙に、ご住所、お名前、電話番号、書名、冊数をご記入の上、〔00910-1-93863 編集グループSURE〕あてに、送料215円を加えてお払込みください。わたくしどもより責任をもって、郵送にてお届けいたします。

※送料は一回のご注文につき、書籍、雑貨を問わず何点でも215円です(日本国内、同一の宛先に)。

詳しくは、SUREの本 購入方法をご覧ください。

▲ページの先頭へ