編集グループ〈SURE〉

北沢恒彦・山田稔
酒はなめるように飲め/酒はいかに飲まれたか

商品写真

2004年11月刊行

定価1,620円(本体1,500円+税)

文庫サイズ、48ページ・56ページ
装幀・北沢街子
2冊一組、分売不可

この書籍は書店での販売をしておりません。
SUREへの直接注文にてお求めください。

偶然手にした本のなかに見つけた、学生時代の恩師の名前──。京都大学近くの「百万遍」界隈を舞台に、死者と生者、二つの青春時代がゆきかう。山田稔の書き下ろしと、北沢恒彦の遺稿による、コラボレーションの新たな広がり。

シリーズ「京のまちかどから」第一弾。

『酒はなめるように飲め/酒はいかに飲まれたか』は、京都在住の作家・山田稔さんの書き下ろし随筆と、〈SURE〉創始者でもある故・北沢恒彦の遺稿、そのコラボレーションによる、2冊一組の特装本です。京都の学生街「百万遍」近辺を舞台に、1950年前後に行き交った二つの青春。一人の共通の恩師にまつわる回想を軸としながら、ほかにない文学の空間の広がりを形づくります。シリーズ「京のまちかどから」第1集。

ご注文方法

郵便払込用紙に、ご住所、お名前、電話番号、書名、冊数をご記入の上、〔00910-1-93863 編集グループSURE〕あてに、送料215円を加えてお払込みください。わたくしどもより責任をもって、郵送にてお届けいたします。

※送料は一回のご注文につき、書籍、雑貨を問わず何点でも215円です(日本国内、同一の宛先に)。

詳しくは、SUREの本 購入方法をご覧ください。

▲ページの先頭へ