編集グループ〈SURE〉

北沢街子
『「うつ」のわたしの子育て』

商品写真
子どもと二人きりになるのが、
怖くなるときもあった

娘との2人暮らしは、
不安のなかから出発した。

2023年11月中旬刊行

定価1,540円(本体1,400円+税)

四六判変型・並製、96ページ
発行・発売 編集グループSURE

この書籍は書店での販売をしておりません。
SUREへの直接注文にてお求めください。

北沢街子『「うつ」のわたしの子育て』 刊行のごあいさつ

2020年夏、著者は夫と別居して、故郷の京都で2歳8カ月の娘との2人暮らしが始まりました。  特別養子縁組によって出会った新生児の娘。近親者の突然の死。実生活で重なる不安。そして、離婚……。人生のおりおりに続く決断と誤算に、いつしか「抑うつ」症状が昂じていました。それもあり、シングルマザーとしての幼い娘との暮らしは、その出発から、つまずきます。  朝、子どもを保育園に連れていかなければと思うのに、どうしても体をふとんから起こせない。不安に襲われると、体が震える。記憶がたびたび途切れ、失敗が重なる。自分が話したことさえ、記憶から消えている。それが原因で、周囲から不信も買った。料理の手順がわからなくなり、子どもとの食事も、思うように作れない。なのに、絶えず焦燥感に駆られて、体をじっとさせられない。  こうした苦しい時間を過ごすうちにも、娘は、3歳、4歳、5歳と、成長していきます。十分な子育てができていない影響が、子どもにも及ぶのではないかと気になります。  そういうなか、心療内科の先生は、こう言ってくれました。  「私は、午前と夕方の診療のあいだに、少し睡眠を取ることにしています。うちの子どもたちは、それを見ながら育ったから、医者は昼寝もできる気楽な仕事だと言っていますよ。あなたも、起きていられないことなどあまり気にせず、無理にしつけようともしないで、子どもをかわいがってあげたらどうでしょうか」  うつは、なかなか、おさまってはくれません。それでも、だんだんに、子育ての上での「こつ」を身につけ、記憶力なども回復してきたように、著者自身は感じています。  誰にとっても、子育ては大きな事業です。著者の場合は、周囲の助力を得て、なんとか仕事もつづけながら、ここまでを過ごしてきました。文とイラストによる、現在までのささやかな記録です。ゆかりのみなさまに、予約購読のご案内を申し上げます。

2023年 神無月

編集グループSURE


PayPalなどのクレジット決済ご利用の方は

郵便払込によるお申し込み方法

郵便局備付の郵便払込用紙に、ご住所、お名前、電話番号、書名、冊数をご記入の上、〔00910-1-93863 編集グループSURE〕あてに、送料300円を加えてお払込みください。わたくしどもより責任をもって、郵送にてお届けいたします。

※送料は一回のご注文につき、書籍、雑貨を問わず何点でも300円です(日本国内、同一の宛先に)。

詳しくは、SUREの本 購入方法をご覧ください。

▲ページの先頭へ