編集グループ〈SURE〉

SURE5周年特別企画「北沢恒彦文庫」
家の別れ──北沢恒彦 著

売り切れました

商品写真
生みの両親を知らなかった。
育ててくれたのは、つましく、平凡、それゆえ、いくばくか保守的な、京の庶民として米屋を営む養父母たちだった。
愛とか、正義とかと、償いを伴わないまま、人は語ることができるのか?
「ある労働者自立論の出生」。

1978年、思想の科学社刊行

定価1,512円(本体1,400円+税)

四六判上製・256ページ

ご注文方法

※この本は現在在庫がありません

郵便払込用紙に、ご住所、お名前、電話番号、書名、冊数をご記入の上、〔00910-1-93863 編集グループSURE〕あてに、送料215円を加えてお払込みください。わたくしどもより責任をもって、郵送にてお届けいたします。

※送料は一回のご注文につき、書籍、雑貨を問わず何点でも215円です(日本国内、同一の宛先に)。

詳しくは、SUREの本 購入方法をご覧ください。

▲ページの先頭へ